メニュー

送料無料!

畑の棚田風景

2019年09月18日:ブログ
先週の土曜日(9/14)に、JR湖西線近江高島駅から県道296号線を車でゆくこと約20分。黒谷地区を過ぎて狭い谷間を抜けると、そこには昔懐かしいたたずまいの家々とともに山の中腹から谷底にかけて階段状に連なった美しい棚田風景が広がっています。(午前6時30分)     「日本の棚田百選」に滋賀県内で唯一選ばれた「畑の棚田」。かつては日本全国でふつうに見ら>

鳴門の阿波踊り

2019年08月25日:ブログ
阿波おどりといえば徳島市が有名ですが、徳島県内各地で大小さまざまな阿波おどり大会が行われています。中でも県内先駆けて行われる、鳴門阿波おどりは徳島県内に先駆け行われ、8月9日から11日の開催。徳島市の阿波おどりと日にちをずらして行われています。今回8月9日~10日と行ってきました。     徳島市の煌びやかな阿波おどりと比べ、ゆったりとみられるのが何よ>

一輪挿し(ミニ)

2019年07月03日:ブログ
一輪の花でもお部屋にあると、空気が変わり癒されますね。 今回は陶器ではよく見かける形の、四角錐から円錐に変化させた、小さな一輪挿しを作ってみました。 思わず手に取ってみたくなる、小さくて可愛いサイズです。 庭に咲いていた紫陽花を一輪挿してみました。     胡桃(クルミ)(6㎝×6㎝×6㎝・1.4ø試験管・オイル仕上げ) &nb>

YOSAKOIソーラン日本海三十五万石祭り

2019年06月17日:ブログ
毎年恒例のイベント「YOSAKOIソーラン日本海三十五万石in彦根」が6/16に開催されました。彦根駅前お城通りでパレードがあり、カメラ片手に出かけました。 午前9時半、曇天の中スタート。       「天舞賤ケ岳」・・滋賀のチームもたくさん参加されていました。     子供チ>

泰山木が咲きましたよ

2019年06月17日:ブログ
我が家の玄関前には、泰山木(タイサンボク)と言う北アメリカ南部に分布するモクレン科の常緑樹の 木が植えてあるのですが、この梅雨の時期になると白い大きな花を咲かせてくれます。開花すると直径 25㎝ほどになり、その白い大きな花から優しい香りを楽しませてくれます。       芳香で人気の「マグノリア」はこの泰山木の花が原料になっ>

重要文化的景観

2019年04月09日:ブログ
重要文化的景観第1号として近江八幡市の水郷が平成17年に選定されました、桜花の下を手漕ぎ舟で水郷巡り・・・いいものですね!近江八幡の水郷は、琵琶湖八景の一つ「春色・安土八幡の水郷」に数えられ、四季折々に見せるその美しさを求めて、県内外から写真や絵画の愛好者が訪ねてくる場所でもあります。4月6日(土)七分咲きの桜と水郷を撮りに出かけました。     水郷>

木の指輪

2019年03月27日:ブログ
先日、「木の指輪」の注文依頼があり何個か作ってみましたので紹介します。 金属アレルギーで、金・プラチナ・シルバーなどの指輪を付けると指がただれて、困っているとのことで「木の指輪」を依頼されました。 以前にも何本か作ったことがあるのですが、サイズやデザイン、木の種類など色々面倒な点があり、積極的に作っていなかったのですが、今回は金属アレルギーと聞き希望に添える指輪を作ってみました。 >

瀬戸内・伊予から阿波へ

2019年03月21日:ブログ
美しい島々と橋が織り成す海の道、しまなみ街道(尾道~今治)は6島を橋で結び瀬戸内海を横断するダイナミックで多島美と称される絶景が広がります。(3月12日)   (来島海峡大橋) (亀老山展望台からの瀬戸の島々)   向島・因島・生口島・大三島・伯方島・大島を9つの橋を渡り愛媛県今治までの間には、村上水軍ゆかりの地や道の駅、美術館、絶>

南天・黒柿・栃のブレスレット

2019年02月12日:ブログ
2月の3連休(2/9・10・11)はブレスレット作りで始まり・・そして終わったようです。フリーハンドで作る木玉は、想像以上に難しくストレスとの闘い。まずは南天の木でスタートしましたが同じ寸法に仕上げるのに困難、何とか完成したのが写真のブレスレット、「難を転ずる」南天、良いじゃないですか?     ☆続いて黒柿のブレスレット、樹齢100年以上の希>

厳寒の朽木へ

2019年02月07日:ブログ
2月2日(土)雪を求めて滋賀北部へ。AM5:30に家を出て161号線をひた走る、白髭神社には多くのカメラマンが琵琶湖に浮かぶ大鳥居からの日の出を撮ろうと待ち構えている。(現在6:30)私達も仲間入りし、三脚を立て東の対岸に向け日の出を待ちました・・・・が雲に遮られ時刻になっても未確認。     残念ですがこの場は諦め次のロケ地へ車を走らせました。367>

はやくも節分・立春

2019年02月01日:ブログ
早いもので2月(如月)に入りましたね。寒いので本格的にウッドターニングにも熱が入らず、最近は玩具を作ったりしています。ひな祭りも近いので雛こけしを孫娘にと思い作ったのですが、思いのほか難しく苦労しました。何が難しいかと言うと、着色です。こけしのボディーはすぐに仕上げるのですがお顔や着物の絵がうまく書けません、やっぱり本職にはかないませんね!どうにか完成しましたので見ていただきます。 &nbs>

2019年始動

2019年01月13日:ブログ
2019年が始まりましたね、もう明日は成人の日・・・皆さん今年も宜しくお願い致します。 今年は元日に初日の出を撮りに近所の川辺まで家族と出かけましたよ!年末の寒波からから一転、良い お天気で、鈴鹿山系からの御来光を見ることができ幸せな気持ちになりました。   (1月1日7:18撮影)   ☆1月4日・湖北の様子が気になり長浜から余呉、>

至福の時

2018年12月31日:ブログ
2018年も終わろうとしていますが、今年は皆様にとりましてどんな年でしたでしょうか?「平成」最後 の大晦日を迎えて一年をふりかえりながら投稿しています。年末寒波で私の家の周りは雪景色です。 10㎝以上は積っていますよ・・!。先月から果物や野菜の木彫をコツコツとしています。鬼灯、南瓜 里芋、洋ナシ、林檎、‥など彫っています。その中のいくつかを紹介します。   >

ダム底の紅葉

2018年12月09日:ブログ
鈴鹿山脈を起点とし琵琶湖に流れ込む「愛知川」の上流域に永源寺ダムがあります。四季折々の撮影に よくいくロケ地であるが少し遠のいていました。先週12/2に久しぶりにカメラをもって行ってみると、 ダムの水が少なくて少し上流では工事が入っており湖底が見える状態でした。湖底からは昔の住居の跡 のような地面や木々の痕跡が見えています。わずかの水面に山の紅葉が映り込んでいます。 &nb>

平成最後の紅葉を

2018年12月09日:ブログ
平成の時代もあと5カ月足らずになり、なんだか寂しい晩秋を迎えましたね。 秋は紅葉と言いますが、今は12月には入っています立冬も過ぎて暦の上では「冬」なのですが、紅葉 の一番見ごろは11月末~12月中旬頃ですね! 今日は三か所の紅葉を紹介しましょう。 ★まずは百済寺(近江西国16番札所)です。     釈迦山の受付近にはに、寒桜のピンク>

秋桜 コスモス

2018年11月10日:ブログ
近江八幡市野田のコスモス畑に先月末に出かけましたので紹介します。日の出時刻に間に合いました、 夜露に濡れた優しい花びらに朝の光が包み込む瞬間は至福の時です。     秋桜と書いてコスモスと読ませる、なんて素敵な日本語でしょうと思っていたのですが、言葉の由来は そんな古くなくて山口百恵の「秋桜(コスモス)」が始まりだそうですよ。(作詞作曲・さ>

柿を食べる・・彫る?

2018年10月28日:ブログ
猛暑に耐えた柿の木に、大きな富有柿がたわわに実りましたよ。 「柿が色づくと医者が青くなる」という諺(ことわざ)がありますが、それは柿にはビタミンCが豊富で、 万病のもとといわれかぜを予防するそうです。果実1個あたりに含まれるビタミンCの含有量は、温州 ミカン3~4個分に相当するうえ、カロテンも多く、これらの相乗効果でウイルスや細菌に対する抵抗 力を強め、粘膜(ねんまく)を強>

天界の花

2018年10月03日:ブログ
子供の頃、彼岸花(ひがんばな)を見ると不気味で怖かった記憶があるのは私だけでしょうか。 今日は少し早起きして、近くの神社(太郎坊宮)付近へ彼岸花を撮影に出かけました。 朝5時40分、少し明るくなってきましたが、肌寒くて朝靄も出てきましたね。   (稲刈りが終わった田んぼのあぜ道に咲く彼岸花)   ☆曼殊沙華(まんじゅしゃげ)サンスクリ>

東山の「絶景かな・・」

2018年09月11日:ブログ
朝から雨がしとしと、よく降りますね最近の週末! 雨の日の写真スポットは難しいですね・・? ということで、京都東山にある「水路閣」に決定。南禅寺(臨済宗大本山)の境内を走る水路閣は琵琶 湖からの疎水を流すための橋脚の川ですが、まずは南禅寺からお参りしました。     ▲「中門」威風堂々とした大本山の文字が映えますね。   >

伊吹山の夏

2018年08月24日:ブログ
8月19日(日)伊吹山に登りました。山頂に近づくにつれ気温は下がり少し寒い・・。 ライトに照らされた霧の中に山ハッカの花を見つけました。     ガスがかかり視界は2~3m、頂上付近で薄っすらと明るくなってきました。     シモツケ草やウツボ草が私たちを出迎えてくれました。   >
1 / 3123
送料無料!

商品カテゴリ